新潟市アクセサリー&マリッジリングstandard-LAMP

stla.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 10日

スチャダラBOSE君の犬のお話。

スチャダラBOSE君のブログより。
自分も犬を飼っている身。
考えさせられました。



November 1, 2008

犬を飼うことに関して、思っていること。

自分がそうだからといって、他人にそれを押し付けるようなことは、したくありませんが、
でも、最低限、そのぐらいのことは、お願いしますよ、というようなことをいくつか。

こんな、あたりまえのことをわざわざ言うのもアホらしいんですが、
ちゃんと飼える環境が整ってから、飼いましょうね。
f0175326_16271866.jpg


価値観の違いだか、ぼくがクソ真面目な山羊座のA型だからか知りませんが、
犬を飼うのって、けっこう一大事だと思うんですよ。
少なくとも、ぼくはそう思ってるんで、自分が飼い始めた時は、
けっこういろいろ考えたり、準備したりしました。

何よりも、まずは、自分が犬を飼えるだけの時間と余裕(心も含めて)があるかってこと。
犬種にもよりますが、たいていの犬は散歩が好きです。
というか、犬って、散歩と、ご飯食べるぐらいしか、楽しみってないと思うんですよ。
まあ、もちろんその中に、飼い主と遊ぶっていうことも含みますが。
だからね、最低でも、1日2回ぐらいは散歩出来ないとダメだと思います。

あとは飼う環境。
田舎だったり、お家が裕福で、広い庭もあるとかなら話は別ですが、
東京やその他の都会で飼う場合は、ペット可な物件はだいぶ少なくて割高なので、
金銭的にも、ある程度余裕がないと無理だと思います。

そもそも、ペット可の物件が、もの凄く少なくて、
敷金だのなんだので、多くお金をとられるって言うのも、よくわからない話なんですけどね。
そういうところから、すでに犬(およびペット)に対する考え方がおかしいんですよ。
不動産屋ってホントずるい。タダでさえ高い東京の家賃に、ペット分上乗せする感じ。
いちいち考え方がセコいんですよね。
環七よりちょっとでも内側だと、家賃に何千円かプラスしていいとかさ。
あー、だんだん腹立って、論点がずれてきた。

でもね、こういうことのすべてが、犬を飼うっていう事から派生した問題として、徐々に襲いかかってくるんです。
だから、そういう心構えも必要だってことですよ。

そういう風に考えると、
例えば、小学生の子どもの誕生日に、犬をプレゼントするっていうような飼い方とか、
彼女が飼いたいって言うから飼ったとかっていうのは、
ホントにナシでお願いしたいです。
f0175326_16275850.jpg


犬と暮らすのはホント楽しくて、子どもの情操教育なんかにもすごくいいと思うので、
多くの人に犬を飼うっていう経験をして欲しいという気持ちはあるのですが、
いかんせん、この国では、障害が多過ぎるっていうのが事実です。

前に、『ただのいぬ。』っていうプロジェクトに参加させてもらって、保健所で殺される犬達の問題を知りました。
f0175326_1629624.jpg


飼い主の持ち込みだったり、迷い犬の捕獲だったりで、毎日もの凄い数の犬や猫が殺されてるんですが、これがホント酷いです。
ネットでもいろいろ出てくると思うんで、興味のある人はおのおの調べて欲しいですが、
そのシステムから何から全部、これがG8だとか言ってる主要国のひとつがやることなのかっていう感じです。

ここ何年か、ニュースでは、北朝鮮とか、中国の、ちょっとおかしな部分をとりあげて、
「これらの国では、未だにこんな時代遅れなことをやってるんですよ」
「えーっ?野蛮!民度低ーい!」
みたいに、偉そうにやったりしてますが、
ちょっと引いて見たら、日本だって、大差ないですよ。
f0175326_1630560.jpg


これが、最初に言った、
「ちゃんと飼える環境が整ってから、飼いましょうね」
っていうところに繋がって行くんですが、
結局、保健所に連れてこられて殺される犬の大部分は、
その民度が高いはずの国民の、しょうもない理由で飼いきれなくなった犬なんですよ。
引っ越しで飼えなくなるとか、無計画に子どもを作らせてしまって、貰い手がないとか。
普通に考えて、だいたい10年以上は一緒に暮らしいくことになるんですからね、
そのぐらいのことは、ちゃんと想定しておかないとってことですよ。
f0175326_16305733.jpg


そして、なによりも、本当に一番問題なのは、
ペット産業っていう巨大な経済活動の発展を妨げるようなルールを
この国が、どうしても作れないっていうことだと思います。

例えば、ペットショップの店頭のガラスケースに子犬を入れて売るっていうシステムは、
民度でいうと、だいぶ低い類のものだと思うんですが、
これをやめさせるルールは、たぶん今の日本からは生まれない。
六本木なんかにある、夜中も営業してるペットショップのやってることは、
子犬にとっては、虐待以外のなにものでもないと思うんですが、
それを取り締まるようなルールも、きっと生まれない。
自分達が食べるピザやキャラメルにメラミンが入ってただのなんだの、毎日大騒ぎしてるけど、
もっと危険なものが入ってるかもしれない、ペットフードのことを取り締まるルールはずっと緩いまま。

というか、そもそも、野良犬ってホントにそんなに危険で、
全部殺してしまわなければならないようなものなんですかね?
昔、ぼくが小学校の頃なんか、全然いましたけどね。
たまに学校とかに入って来て、ちょっとした騒ぎになったりして、面白かったけど。
f0175326_16312661.jpg


もちろん、噛み付いたりとか、家畜が狙われるとか、危ない要素はいろいろありますよ。
最初はそういう、善意というか、子どもを守ろうとか、
正義みたいな部分で、どんどんシステマチックに殺してしまうようになったと思うんです。
でもね、そんなにキッチリ全部、余すことなく殺しちゃう感じって、なんなんですかね。
なんか、日本人の真面目なところが完全に悪い方に出てしまってるような気がするな。


あとは、なんだろな、実現出来そうなことってあるかな。
犬を飼うには、「ある程度の審査を通らないと飼えない」
っていうようなルールを作ればいいんじゃないかとは思いますね。
これに関しては、その免許を発行するような、
ちょっとした天下り会社とかが出来れば、何とかなるような気もしますが。
そういうことだけは、ずっと得意ですからね。
f0175326_16315841.jpg


この本、読んでみて下さい。


しかしBOSEくんちの犬はかわいいなあ。。
[PR]

by standard-lamp | 2008-11-10 16:38 | 日記 | Comments(0)


<< CREAM SODA      abbie入荷、懐かCM >>